九州大学 21世紀プログラム課程

九州大学HP サイトについて サイトマップ English
  • 九州大学 21世紀プログラム
21cpで学ぶには
  • 入試について
  • 過去の選抜結果
  • 転課程制度
よくある質問 交通案内 映像アーカイブ シラバス English 業務連絡 お問合せ
九州大学 九大百年

独自開講科目

 過去の選抜結果と、第2次選抜の講義テーマを掲載しています。なお、平成17年度入学生の選抜より選抜方式が変更されていますので、ご注意ください。

志願者・合格者内訳
年度 募集人数 志願者数 合格者数
総数 総数
H13(2001)年度 18 86 44 42 20 5 15
H14(2002)年度 18 121 64 57 22 6 16
H15(2003)年度 21 105 60 45 19 5 14
H16(2004)年度 26 90 29 61 25 5 20
H17(2005)年度 26 139 66 73 30 12 18
H18(2006)年度 26 140 67 73 27 7 20
H19(2007)年度 26 117 60 57 27 9 18
H20(2008)年度 26 114 59 55 27 10 17
H21(2009)年度 26 104 44 60 28 7 21
H22(2010)年度 26 90 39 51 27 6 21
H23(2011)年度 26 91 45 46 25 8 17
H24(2012)年度 26 91 46 45 28 10 18
H25(2013)年度 26 112 62 50 25 9 16
H26(2014)年度 26 102 50 52 25 5 20
H27(2015)年度 26 99 48 51 25 7 18
H28(2016)年度 26 116 54 62 23 8 15
累 計 395 1717 837 880 403 119 284
過去の講義テーマ
年度 講義テーマ
H13(2001)年度 ・「きたない」ってどういうことだろう?
・転換期の日本の原子力発電政策
・経験や直感による判断と論理による判断
H14(2002)年度 ・歴史の見方-島原の乱
・「行為」とは何か?
・振り子の糸の長さを変化させて周期を測定する実験
H15(2003)年度 ・現代社会における責任倫理
・〈異文化〉としての過去
・福利厚生・体育施設によるキャンパスライフの創造
H16(2004)年度 ・地図を通してみた〈世界〉
・科学研究活動を考える:特に「観察する」とはどういうことか
・生体変数(脈拍数)の変動性を科学する
H17(2005)年度 ・考古学とはどのような学問か
・『イギリス人』とは誰か?
・Symmetry in Fantasy
H18(2006)年度 ・国民国家はこれからも必要だろうか?
・歴史を書き換える:ソ連史の場合
・左と右の化学から考える環境問題
H19(2007)年度 ・何に権利を付与するのか
・生命(いのち)は誰のものか
・個体差を科学する
H20(2008)年度 ・大学の社会的機能の変化
・住民の視点から: From the native's point of view
・薬と遺伝子
H21(2009)年度 ・イエズス会士が見た16世紀の日本
・原子力損害賠償法は見直すべきか
・作物増収の戦略における植物の機能
H22(2010)年度 ・読むことの意義
・いまどきの権力を考える
・南極の地球科学と地球環境変動
H23(2011)年度 ・日本における死因究明制度
・おとぎ話とジェンダー
・働くことと学ぶこと
H24(2012)年度 ・放射線と健康の科学
・歴史 学問と教科の間
・民主主義の根底にあるもの
H25(2013)年度 ・「邪馬台国」と考古学-通説と考古学の間-
・独裁体制はいかに維持されるのか
・The Wonder of Water(水の不思議)
H26(2014)年度 ・心は物質に還元できるか?
・世界のイノベーション構造の変化
-「リバースイノベーション」、「イノベーションのジレンマ」-
・生物の自己複製-DNA複製からiPS細胞の作成まで-
H27(2015)年度 ・身の回りの確率論 -確率を使って-
・里地・里山の保全と農山村の持続性
~人口減少社会と集中豪雨災害~
・古語は辺境に残る? -言語史研究の方法-
H28(2016)年度 ・今、生物多様性を考える~地球規模の課題の解決のために~
・ものの見方を考える~文化人類学の視点から~
・平等のための不平等?~ポジティブ・アクションの是非~