九州大学 21世紀プログラム課程

九州大学HP サイトについて サイトマップ English
  • 九州大学 21世紀プログラム
21cpで学ぶには
  • 入試について
  • 過去の選抜結果
  • 転課程制度
よくある質問 交通案内 映像アーカイブ シラバス English 業務連絡 お問合せ
九州大学 九大百年

独自開講科目

 21世紀プログラムでは、大学入試センター試験を課さないアドミッション・オフィス入試(AO入試)により、特色ある入学者選抜を行います。この選抜方法は、本プログラム入学後の修学課程を模したものとなっています。

募集人員

26名
(合格者が募集人員に満たない場合でも、第2 次募集は行いません。また、入学手続者が募集人員に満たない場合でも、追加合格は行いません。)

入学者選抜方法

入学者の選抜は第1次選抜及び第2次選抜により行います。


・第1次選抜…書類審査(調査書又は調査書に変わる書類、志望理由書、活動歴報告書の総合評価)
・第2次選抜…講義に関するレポート、討論、小論文、面接に提出書類の内容と合わせて総合評価

選抜の流れ

■ 第1次選抜

提出された調査書又は調査書に変わる書類、志望理由書、活動歴報告書を総合的に評価します。
募集人員の3倍程度の人数を合格者とします。

■ 第2次選抜

第1次選抜の合格者に対して、講義に関するレポート、討論(150分)、小論文(270分)及び面接(一人約15 ~ 20分)を課し、その上で、提出書類の内容と合わせて総合評価により選抜を行います。2日間にわたり実施されます。

〈第1日目〉講義に関するレポート講義に関するレポートでは、受験者は3つの講義を受講し、それぞれの後にレポートを作成します。講義の内容は文系・理系にとらわれず人文科学系、社会科学系、自然科学系などを組み合わせます。なお、講義は各50分、レポートは各70分を予定しています。

〈第2日目〉討論、小論文、面接討論では、受験者は10名前後のグループに分けられ、指示された3つの講義の論題の内から各自2つを選び、グループ討論を行います。小論文では、講義・レポートと討論を踏まえて、提示されたいずれかの講義の論題に関連した標題を自ら設定し小論文を作成します。面接は個人面接のかたちで、小論文作成中に行われます。面接順については当日指示があります。

合否判定の基準

■ 第1次選抜

第1次選抜では、調査書又は調査書に変わる書類、志望理由書をそれぞれ4段階で、活動歴報告書を3段階で評価し、各評価を合わせて3段階で総合評価します。

■ 第2次選抜

第2次選抜では、講義に関する3つのレポート、討論、面接をそれぞれ4段階で評価し、第1次選抜の結果と合わせて3段階で総合評価します。

合格発表

合格者については、合格発表日に、創立50周年記念講堂(箱崎地区)に向かって左側の掲示板に受験番号を掲示するとともに、合格通知書を郵送します。

また、同日12時頃九州大学Webサイトに合格者の受験番号を掲載します。
なお、電話による問い合わせには応じません。
※入学者選抜に関する最新情報は、九州大学ホームページの入学者選抜情報をご確認ください。